農業情勢を知る

JAグループの政策提案集

JAグループでは、持続的な農業の発展を実現するため、JAグループの農業政策に関する意見をとりまとめ、政府の予算・税制などに対する政策提案を行なっています。
政府の政策は、農業者だけでなく、広く国民全体に関する課題であることから、ウェブサイトを通じて私たちの考え方を公開しています。

これまでの提言内容

世界(海外)の農業

TPPや国際農業・食料をめぐる情勢・問題点等について、定期的な情報発信を行なっています。

WTO関連用語集

国際農業・食料レター

平成29年08月No.193
米国における外国人労働の実態と不法移民の取り締まり強化が米国農業に与える影響
平成29年08月No.192
トランプ政権の貿易政策とNAFTA再交渉の行方
平成29年03月No.191
トランプ大統領の就任と米国における当面の通商政策に関する優先事項
平成28年10月No.190
大統領選挙・上下両院議会選挙を前にした米国政治情勢とTPPの行方
平成28年09月No.189
遺伝子組み換え食品表示を全米で義務化するアメリカ連邦法の成立とその内容
平成28年08月No.188
EU離脱を選択した英国国民投票が通商交渉に与える影響し
平成28年06月No.187
米国大統領選挙・上下両院選挙情勢等を踏まえたTPPに関する今後の見通し
平成28年05月No.186
通商協定における農産物に関するEUの関心事項と日EU・EPA交渉
平成28年04月No.185
米国大統領選の動向とTPP議会審議への影響について
平成28年02月No.184
大統領・上下両院選挙を控えた米国におけるTPPに関する今後の展望
平成27年11月No.183
TPPに関する今後の米国内手続きの見通し
平成27年10月No.182
TPP交渉における乳製品をめぐる状況
平成27年09月No.181
米国TPA法の成立とTPP交渉に影響を与える米国議会の圧力
平成27年03月No.180
米国のTPA(貿易促進権限)の行方と今後のTPP交渉について(後編)
平成27年02月No.179
米国のTPA(貿易促進権限)の行方と今後のTPP交渉について(前編)
ページトップへ