農畜産物を海外に輸出するにあたっては、生産、契約、輸送、決済の各段階において、
様々な手続き等があります。
このページでは農畜産物の輸出を行う際の一般的な流れに沿って、各段階で発生する、
手続き・留意点・リスク等をご紹介します。
※このページでご紹介するのは一般的な例であり、実際の輸出の流れと異なる場合があります。

商品・取引先の選定

  • 意思疎通面でのリスク(言葉・商慣習等)
  • カントリーリスク

輸入規制等関連法規の確認

  • 法制度の違い

価格・取引条件の交渉

  • 取引先の信用リスク

契約締結

  • 契約条件に関するリスク
  • 商品の売れ残りの処分に関する契約
  • サンプル出荷に関する契約

輸送手段(船・航空便)の確保

  • 鮮度保持への留意
  • 現地到着までの日数の確認
  • 積み出し港の確認

商品の保税区域への搬入

動植物検疫・通関手続き

  • 国別の動植物検疫条件の確認

商品の積込み

  • 鮮度保持への留意

商品の荷卸し

  • 商品の着貨状態の確認
  • 商品のダメージに関するリスク

動植物検疫・通関手続き

  • 検査不合格によるシップバック等のリスク

商品の搬出

  • 荷卸しから商品搬出までの期間に関するリスク
  • 商品の保管状況に関するリスク
  • 海外現地でのコールドチェーンの確保への留意

代金決済

  • 代金回収リスク
  • 代金回収までの資金負担リスク
  • 為替変動リスク

商品の納品

  • 商品の瑕疵による損害賠償リスク

サポート・相談受付

輸出に関する質問やご相談はこちら

ページトップへ