アメリカ・ビバリーヒルズの全農和食レストランにて和歌山県産柿の試食会開催

 昨年10月に日本産柿の対米輸出が解禁されたことを受けて1月12日、アメリカ西海岸ビバリーヒルズにある全農の高級日本食レストランSHIKI Beverly Hillsで、和歌山県産柿のPRイベントが開催されました。

 

 このイベントはJETRO(日本貿易振興機構)が主催し、食品卸業者やレストランのシェフ、量販店のバイヤー等約30名を招いて試食会が行われました。

 

 この日提供された柿は、収穫量日本一を誇る和歌山県のJA紀北かわかみが出荷したもので、組合長・生産者が土壌・水分管理や樹の選定・摘果を手作業で丁寧に行っていること、厳しい選果基準による品質の安定に努めていること、そして糖分の高さについて説明しました。

 

 試食会ではSHIKI Beverly Hillsの料理長が、和歌山県産柿の甘さを最大限に引き出すべく腕をふるい、和歌山県産の梅酒を使った柿パンチ風に始まり、あん肝のみぞれ柿あんかけ、柿の天ぷら、柿の酢じめ載せ、柿寒などの柿のフルコースで参加者らを魅了しました。

 

 参加したレストラン関係者は「大ぶりで、ツヤがあって甘い。デザートだけでなくて、様々な料理に活用できそうだ」と感想を述べていました。

 

 日本産の柿は、すでにバンクーバー(カナダ)や香港、タイ、マレーシアで販売され好評を得ており、アメリカへの輸出も解禁されたことで、新たな市場の開拓に期待が寄せられています。

 

【柿のフルコースに舌鼓をうつレストランのシェフたち】

 

【柿とくらべのゴマ酢あえ】

 

【柿の天ぷら】

 

【あん肝のみぞれ柿あんかけ】


サポート・相談受付

輸出に関する質問やご相談はこちら

ページトップへ