ニューヨークのラジオ番組にて和牛をPR(全農アメリカ㈱)

 全農のアメリカ合衆国における現地法人「全農アメリカ株式会社」(ZEN-NOH AMERICA CORPORATION)は、肥料原料等の買い付けに加えて、アメリカ合衆国での日本産農畜産物の販売やPRを行っております。 

 全農アメリカ㈱は特に和牛の販売促進に力を入れており、同社の河野隆太氏がニューヨークのラジオ放送局「ヘリテイジ・レディオ・ネットワーク」(HERITAGE RADIO NETWORK)に出演し、和牛のPRを行いました。

 

 「ヘリテイジ・レディオ・ネットワーク」は、飲食業界に関するトピックを広くカバーし、約40万人のリスナーを擁するニューヨークのラジオ放送局です。アメリカ合衆国で日本産農畜産物の販売に取り組んでいる全農アメリカ㈱はこの放送局のコンセプトに共鳴し、4月17日にライブ発信された和食文化の価値を世界に伝える番組「JAPAN EATS!」に出演し、和牛の魅力についてニューヨークのリスナーに熱く語りました。 

 放送の中で河野氏は、全農は日本国内で営農支援、農業資材販売から農畜産物販売まで幅広く農業者を支援する組織であることを紹介し、また全農アメリカ㈱がアメリカ合衆国で農畜産物の販売・PR・セミナーを実施していることをリスナーにPRしました。そして河野氏自身は、故郷・南九州の誇りである和牛の良さをアメリカにも伝えたい思いで渡米したことを語りました。 

 和牛のPRについては、「Wagyu」という言葉の意味や、和牛の歴史からはじまり、手間暇かけた飼育・管理方法、そして石焼・しゃぶしゃぶ等の食べ方や、味覚・香り・舌触りなど五感で楽しめること、そしてニューヨークではレストラン以外にも日系スーパーマーケットで和牛を購入できることを伝えるなど、和牛の魅力をふんだんに発信しました。 

 加えて「和牛は日本全国200以上のご当地ブランド和牛があるので、ぜひ日本に来てもらい、本場で本物の和牛を食べてほしい」とインバウンドPRも展開しました。 

 また最後に河野氏は「もっと和牛をアメリカ文化の中に深く浸透させたい」、「イースターやサンクスギビングデー等のアメリカ人にとって特別な日にも食べてもらいたい」、「より詳しい情報は‘ZEN-NOH Wagyu’*のHPをご覧いただきたい」と今後の和牛の普及への熱い思いを添えました。

 

 和牛は既にアメリカ合衆国で一定の評価を得ておりますが、全農アメリカ㈱は更なる和牛の普及、和牛をアメリカの文化に浸透させることを目指して、今後も取り組みを展開していきます。

 

≪ホームページリンク≫

*「 HERITAGE RADIO NETWORK」:

  http://heritageradionetwork.org/podcast/what-exactly-is-wagyu/

放送の模様はこちらのリンクから聞くことができます。(全編英語です)

 

*「 ZEN-NOH Wagyu」の紹介HP:

  http://www.zen-nohwagyu.com/

 

サポート・相談受付

輸出に関する質問やご相談はこちら

ページトップへ