シンガポール伊勢丹ヘルシーフードフェアに国産加工食品を出品(全農インターナショナルアジア)

 シンガポールには日本の百貨店(伊勢丹と高島屋)が進出しています。当地でも日系デパートでは催事会が盛んで、取り扱われる商品には日本産のものが多く、テーマ性を持ったフェアが頻繁に開催されております。

 

 伊勢丹では8月18日~9月14日の期間で「ヘルシーフードフェア」が開催されており、全農インターナショナルが輸出した商品を、現地法人の全農インターナショナルアジアが販売者となって出品しましたので販売状況をお伝えいたします。

 

 全農インターナショナルアジアは12種類の飲料、3種類の加工食品を出品しイベントに臨みました。主な品目は、①お米のミルク(全農 生活・リテール部)、②熊本県産グラノーラ(全農 生活・リテール部)、③黒酢・SU+(鹿児島くみあい食品)、④山形県産ジュース(全農食品、山形食品株式会社)、⑤シークヮ-サー飲料(JAおきなわ)などです。

 

        

       【全農コーナーの品揃え】    【店頭でお米のミルクを販売】

 

 商品選定の際は添加物無使用の商品や健康機能性のある「ヘルシーフード」を選びましたが、その背景にはシンガポールでは経済成長に伴う消費者の購買力上昇・ライフスタイルの変化(高品質・健康志向など)により、健康・安全・美容志向が高まっている情勢があります。

 同国のリー・シェンロン首相も今月の建国記念日のスピーチで、国民に成人病の予防と健康な食習慣の定着を訴えるなど、健康志向はますます強まっており、健康食品への需要は高まると予想されることから、全農インターナショナルアジアは伊勢丹「ヘルシーフードフェア」に出品しました。

 同フェアは9月14日まで開催されますが、前半戦を終えて売れ行きの良かった商品とお客様の反応をご紹介します。

 

 ①お米のミルク(全農 生活・リテール部)

  →自然な甘みが美味しい、お肌によさそうなイメージ、少し甘味が強すぎる

 ②熊本県産グラノーラ(全農 生活・リテール部)

  →味が良い、香ばしさが良い、少し甘味が強すぎる

 

          

        【お米のミルク】        【熊本県産グラノーラ】 

 

 またシンガポールでは日本の黒酢は殆ど普及しておりませんが、健康志向の高まりに着目し、鹿児島くみあい食品の鹿児島県産黒酢(商品ブランド名:SU+)の輸出にも挑戦しています。

 

       

          【鹿児島県産黒酢・SU+】

 

 全農グループは今回のフェアでの経験を活かして、増大する海外での健康ニーズを掴み、ヘルシーな国産加工食品の提  案・普及をはかり、今後も輸出拡大に取り組みます。

 

 

サポート・相談受付

輸出に関する質問やご相談はこちら

ページトップへ