「食料安全保障」に
資する基本政策と
取り組みの展開方向

〜「食料安全保障」に資する基本政策と
取り組みの展開方向〜

JAグループの各取り組み事例

国民・消費者一人ひとりに
食料・農業・農村が育まれ、
支えられる環境づくりに向けて

農村・地域

一次産業関係団体、協同組合、商工団体と連携し、地域における人材の確保・育成に取り組むとともに、地域外の国民・消費者に対しても、自らの地域の魅力を発信して、「関係人口」の増大をはかる。

農商工・地域関係団体および行政との連携による地域人材(企画者・コンサルタント)の確保、地域の核となる人材の育成。
地元農産物の販売を通じた農村地域のファンづくり、農泊や農業体験の受入れ、二地域居住・週末農村生活など新たな兼業農業(「半農半X」)の提案による「関係人口」の増大と、移住・定住支援の強化。
農商工・地域関係団体および行政との連携による「ふるさと納税」の拡大。さらに、地域外の国民・消費者が地域の様々な取り組みに参画・出資等を行うような「国民のふるさとづくり」運動の実践。
市町村や業界の垣根を超えた地域単位での人材・労働力の共有や斡旋。

事例は随時公開していきます。

ページトップへ