• 知財農業TOP
  • 地域団体商標制度
  • 地理的表示(GI)保護制度
  • 農業に関する知的財産
  • 知的財産活用事例紹介

秘密管理

農業は、土壌のpHや種苗、施肥や水やり、摘果、収穫時期、保管等の生産者が有する多数のノウハウによって成立していますが、圃場は外部から観察することができるなど、工業分野のノウハウに比べて模倣しやずく、さらに、種苗や種子等の持ち去りにより、海外にも情報が流出しやすい特徴があります。
そうしたノウハウの模倣や情報の流出を野放しにしておくと、日本農業の強みである高品質で特徴のある農産物を生産が難しくなる可能性があります。
高品質な農産物や特徴のある栽培方法等は、秘密化して管理・保護していくことが必要ですが、農業分野においては、農業生産に関するノウハウや情報を秘密として管理すべき意識が関係者に乏しいという課題もあります。


ページトップへ