• 知財農業TOP
  • 地域団体商標制度
  • 地理的表示(GI)保護制度
  • 農業に関する知的財産
  • 知的財産活用事例紹介

商標権

商標権は、自己(自社)の取り扱う商品やサービスを他人(他社)のものと区別するために使用する「名前」や「マーク」を財産(権利)として守るものです。
特許庁への出願・審査を経ることで登録され、登録日から10年間権利が存続しますが、何度でも更新が可能なため、半永久的に権利を持つことができます。
一方で、権利の更新については、特許庁から期限が近付いている等の連絡があるわけではありませんので、忘れずに更新することが必要です。

 

例えば、同じ県産のりんごでも「○○りんご」というブランドが付されたりんごと無印のりんごでは、消費者がどちらに注意を寄せるかは明らかですし、「○○りんご」というブランドは、一定の品質であるという信用が保証され、さらにその信用が蓄積するとそれが価値として評価され、販売単価の向上にもつながります。

 

※®とは登録商標であることを示すマークです。


ページトップへ