持続可能な
食と地域づくり
に向けて

わたしたちの食、わたしたちの地域、
わたしたちの農業、今いっしょに
考えてみませんか

「食料安全保障」に資する
基本政策と取り組みの展開方向

〜「食料安全保障」に資する基本政策と
取り組みの展開方向〜

わが国で今求められる

「食料安全保障の確立」

持続可能な食と地域づくり

食の安全安心
の確立
国内生産
の増大
災害時も含めた
食料安定供給
食の安全安心
の確立
国内生産
の増大
災害時も含めた
食料安定供給
「食料安全保障の確立」の
5つの方向
  • 多様性と持続性

    家族農業・中小規模農業者など多様な農業者により、中山間地域・離島を含め、各地域で農業経営が持続的に展開されている。


  • 品種・技術の保護・革新

    生産及び経営にかかる品種(種子など遺伝資源)や技術が、適切に守られたうえで改良・向上・革新されている。


  • 農地等の維持・強化

    各品目の生産基盤たる農地および農業関連施設が、災害対策を含めて維持・強化されている。


  • 生産資源の確保・循環

    水・エネルギーや肥料・飼料などの生産資源が多角的に維持・確保されるとともに、その自給・循環の取り組みが広く展開されている。


  • 国全体での情報共有

    国民・消費者全体で、食の安全・安心にかかる情報、食料・農業・農村の現状・認識にかかる情報が共有されている。


  • ※上記に持続性を確保し、
    SDGsにも貢献
    ページトップへ