• 知財農業TOP
  • 地域団体商標制度
  • 地理的表示(GI)保護制度
  • 農業に関する知的財産
  • 知的財産活用事例紹介

特許権

特許権は、技術開発によって生まれたアイディアや発明を、財産(権利)として守るものです。(保護期間は出願日から20年間(医療品・農薬は25年))
特許制度は、発明者にその発明の独占を認める一方で、その発明を公表(出願から1年半後)して、それをヒントに新たな技術開発も促進しています。

 

例えば、新たな農業技術を開発した際に、特許権を取得し、その特許を使用する者から特許使用料等を徴収することで、開発にかかったコストを回収し、その収益で新たな研究開発を行うといった、好循環を生み出すことも可能です。


ページトップへ